RabbitWaltz DayBook

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRINCE Super Bowl Halftime Shows2007

アメリカ合衆国のプロアメリカンフットボールリーグであるNFLの優勝決定戦
にて毎年開催される「Super Bowl halftime shows」があります。

アメリカという国に住む色んな人種の方々が一同に介して
ひとつになれるショーだと思うのですが

1993年 のマイケルジャクソンから始まり、

以来そうそうたるアーティストが参加しています。
ジェームスブラウン、ザ・テンプテーションズ、スティービーワンダー
クリスティーナアギレラ、エンリケイグレシアス
エアロスミス、ブリトニースピアーズ、インシンク、U2、スティング
ジャネットジャクソン、ジャスティンティンバーレイク

2005年・・ポールマッカートニー
2006年・・ローリングストーンズ
そして、10年前の
2007年・・プリンス

ブルーススプリングスティーン
ザ・フー/ブラックアイドピーズ、スラッシュ、アッシャー
マドンナ、ビヨンセなどなど・・

2016年 コールドプレイ、ブルーノマーズ、ビヨンセ

そして2017年はガガ姐さん。

ガガ姐さん曰く
「私はインクルージョン(受け入れる事)が大切だと信じている。
平等の精神を信じている。そしてアメリカの精神は、愛と共感と思いやりだと信じている。
ハーフタイムショーは、この精神を伝えるものになるでしょう」
と、コメントしていました。

「愛は憎しみに勝つ」とインスタグラムで掲げていたレディガガ。

アメリカは、どうなっていくのか
自分の国ではありませんが・・同じにんげんとして
ほんとうに複雑な気持ちです。
そして、自分の国にまったく関係ないとも言えません。

LADYGAGAのハーフタイムショー、どんなのだったのでしょうね!

そして、

10年前の2007年2月4日、そのSuper Bowl halftime showsにて
プリンスが’’奇跡の演奏’’(プリンスの言葉より引用)と言われる
パフォーマンスをしました。

大雨が降ってきて、中止にするか?というところを
「もっと降らせろ!」と大雨という逆境を、味方につけて
キラキラな演出に変えてしまいました。

以降、演出を重要視したショーへと発展するきっかけにもなったそうです。

このショーを観た方が、「プリンスッて、ギターうまいんだ」と言っていたのを聴いた事がありますが(!)
プリンスは、Rolling Stone誌で「最も過小評価されている25人のギタリスト」の1位に選ばれた程
過小評価(今ではずいぶんそんな評価も聴かなくなった方だと思うのですが・・)されていました(’’;)

動画のリンクは消えていますが、そういったことを記事にされている方もちらほら見受けますので
率直に書かれていると感じたものを貼らせて頂きます

Prince(プリンス)「過小評価されているギタリストとしての腕前」
↑こちらに書かれている、「理屈で語るものではなく、直に触れて感じるもの」!
そう、そうなんです!!!!

あぁ〜、わかる〜。

(すいません一人で興奮して)

私なりの狭い音楽観ではありますが、プリンスの素敵なところを少しずつここで
紹介していきたいと思っています♪

色んな楽器を操り,音楽に生きた人
他人の評価のためではなく、常に自分と向き合って闘ってきたプリンス。

☆になったあと
芸能人の根も葉もない噂でアクセスを稼ぐサイトによって
三文ゴシップのネタにされていましたが
見ない様に務めてきました。

彼はミュージシャン。
音楽を聴いて、いいと思ってくれたら嬉しいなと思うのです。

ステージとはまた違って
いつも穏やかに話すあの独特の雰囲気も好きでした。

ハーフタイムショウ歴代ランキング
では、3位MJ 2位ビヨンセ、プリンスは1位。
それだけ沢山の方の胸を打ったパフォーマンスだと思いました。

よかったら、NFLの公式FBリンクをご覧下さい。
''One of the greatest Super Bowl Halftime performances''
ダンサーが雨でこけないか、ヒヤヒヤ。プリンスはそんなこと気にもしてない感じで
圧倒的なパフォーマンス。
生で観れた方がうらやましい・・・!

PPP.jpg
↑Purplerainの有名なイメージグラフィックを
自分でトレースして遊んだものです。

読んで頂き、ありがとうございました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。