RabbitWaltz DayBook

もう一度観たかったNINAGAWA十二夜。

5月12日、世界的に有名な演出家の蜷川幸雄さんが逝去されました

ハムレット、海辺のカフカ、身毒丸などいくつか代表作を観にゆきましたが
中でも印象的な舞台があります。

B5126726.jpg
歌舞座での「NINAGAWA十二夜」。
タイトル通り、シェイクスピアの十二夜を歌舞伎の舞台でコラボするという異色の舞台。

舞台一杯の鏡と、満開のしだれ桜のそれは美しい舞台でした。
チェンバロを取り入れた和と洋の音響演出もよかったし、
なにもかもが印象的でした。

公式のページから画像借りました
keyword_12_01.jpg
尾上菊之助さん。

keyword_01_01.jpg

keyword_01_02.jpg
そして、最近「ONE PEACE」で大成功を収められた
猿之助さんの’’亀治郎’’時代(^^)
「麻阿」、面白い役でしたね〜、これ。

img_0-4.jpg

keyword_10_02.jpg

I.jpg
こちらは白百合が咲き乱れています。

kane01.jpg
シェークスピアの独特な世界観が歌舞伎という伝統芸能と
混ざり合ってほんとうに面白くて美しい舞台でした

この舞台を観られただけでも、幸せです
叶うなら、もう一度、同じキャストで観たい!

B5126727.jpg
そして、「わが魂は輝く水なり」
コクーン歌舞伎でのNINAGAWA演出。

この頃東京でデザイナーの仕事をしていたので
勉強も兼ねて舞台は積極的に観にゆきました。

元々デザインのオシゴトは生活も不規則になりますし
若かったのでお料理などにも無頓着で不摂生の日々。
身体的にも、精神的にも大変な時期がありました。

舞台を観る事で、異空間に誘われ、心も洗われて
よし、がんばろう〜って思えました♪

沢山の舞台俳優を育てて、人の心をえぐる様な舞台の演出。
酸素ボンベをつけながら、車いすに乗りながら
命の炎が燃え尽きるいまわの際まで
続けられた事は、ほんとうにものすごい事だなぁ、と。

ninagawa.jpg
この台詞は、ずっと私の中に残っています。

2010-12-ITARIA 029

〜蜷川幸雄さん、素敵な舞台をありがとうございました〜

スポンサーサイト

Newest